令和3年11月1日より補助対象が拡充されます

豊明市では、家庭から排出される生ごみの減量化及びその有効性を図るため、生ごみの堆肥化容器等の購入に対して購入費の一部を補助します。(各年度の予算上限に達し次第終了となりますので、予めご了承ください。)

 新しく補助対象となる容器

  ダンボールコンポスト・ミミズコンポスト・カバン型・バイオ手動

  ※上記新しく補助対象となる容器は令和3年11月1日以降に購入した容器のみ対象となります。

補助対象

 非電動式生ごみ堆肥化容器

   生ごみ堆肥化容器

    生ごみの減量・減容・堆肥化を目的とする非電動の容器。

    悪臭、害虫等を発生させない構造及び材質のもの。

   バケツ型生ごみ堆肥化容器

    生ごみをバクテリアや発酵促進剤等により発酵、堆肥化させるための容器。

    底があり、水抜きができて水分等が地中に浸透しないもの。

【補助対象の一覧】

 生ごみ堆肥化促進容器等購入費補助対象一覧(pdf 204KB)

補助金の額

  購入金額の2分の1以内の額(100円未満の端数が生じたときは、その端数を切り捨てた額)

   生ごみ堆肥化容器・・・・・・・・1世帯1個まで 上限3,000円

   バケツ型生ごみ堆肥化容器・・・・1世帯2個まで 上限1,000円(1個につき)

申請方法

  ※必ず、購入した年度内に申請を行ってください。

  ※申請者、領収書の宛名、振込口座名義はすべて同一としてください。

 持ち物

  領収書(レシート不可、宛名は氏名記載、メーカー・商品名記載)

  購入したメーカー、商品名が分かるもの(申請書記入事項で必要なため)

  振込口座の分かるもの(通帳、キャッシュカード等)

   ※ゆうちょ銀行(郵便局)への口座振込を希望される場合は、専門振込口座番号(7ケタ)が必要です。

    従来の郵便番号(8ケタ)では振込ができませんので、ゆうちょ銀行のウェブサイト等でご確認のうえ、

    窓口までお越しください。 

【申請までの流れ】

生ごみ堆肥化促進容器等購入費補助までの流れ(pdf 95KB)

使用方法(コンポスト・バケツ型)

 コンポスト容器の使用方法

 生ごみの減量を!ボカシの使い方

生ごみの減量

 生ごみ水切り大作戦(生ごみの水切りアイディア集)