概要

 平成30年7月豪雨等を踏まえ、市民の皆様が適切な避難行動をとれるよう災害の危険度の高まりを直感的に理解しやすくするため、全国の市町村による避難勧告等の避難情報の発令や、気象庁等による警報等の防災気象情報の発表に際し、警戒レベルを用いた防災情報が発信されるようになりました。

 豊明市でも、以下のとおり警戒レベルを用いた情報提供を実施します。ただし、基本的な避難の考え方はこれまでと大きく変わりません。立退き避難に時間のかかる高齢者等の要配慮者の方は「避難準備・高齢者等避難開始」が地域に発令されたら、その他の方は「避難勧告」が地域に発令されたら避難を開始してください。自宅等に留まるほうが安全だと判断した場合は、屋内の比較的高いところなどに退避してください。

警戒レベルと市民の皆様がとるべき行動の関係

警戒レベル 市民の皆様がとるべき行動  市や気象庁から避難を促すために発信される情報 
警戒レベル5  既に災害が発生しているため、命を守るための最善の行動をとる         災害発生情報

(災害が実際に発生していることを市が把握した場合に可能な範囲で発令します)

警戒レベル4 対象地域の方は全員避難

事態が切迫している場合は、直ちに命を守る行動をとる(立退き避難や屋内安全確保等)

避難指示(緊急)※

避難勧告

※地域の実情に応じて緊急的又は重ねて避難を促す場合等に発令します

警戒レベル3 高齢者等の要配慮者の方は避難

その他の方は避難の準備をはじめる

避難準備・高齢者等避難開始
警戒レベル2 避難に備え自らの避難行動を確認する
  • ハザードマップ等により災害リスク、避難場所や避難経路、避難のタイミングの再確認
  • 防災気象情報や避難情報の把握手段の確保、家族等との連絡手段の確認
注意報 
警戒レベル1

災害への心構えを高める

  • 最新の防災気象情報等に注意
早期注意情報(警報級の可能性)

「災害発生情報」、「避難指示(緊急)」、「避難勧告」、「避難準備・高齢者等避難開始」は市が発令します。

「注意報」、「早期注意情報(警報級の可能性)」は気象庁が発表します。

災害発生情報についての注意

 警戒レベルの導入に伴い、新たに「【警戒レベル5】災害発生情報」を追加します。これは、河川の決壊や越水、土砂災害など実際に災害が発生していることを市が把握した場合に発信する情報です。

 しかし、実際の災害時には様々な情報が飛び交う上、平常時のように情報収集を行うことができないため、瞬時に正しい情報を入手することは困難です。このため、災害の発生に対して情報を発信することが遅れる可能性があります。

 したがって、「【警戒レベル5】災害発生情報」が発令されていないからといって、現に災害が発生していないとは限りません。危険が迫っている場合は、周りの状況に十分警戒していただき、命を守るため安全に行動してください。

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?