放課後子ども教室とは

 最近は、昔に比べて安心して遊べる環境の減少などによって、地域で活発に遊ぶ児童の姿を目にすることが少なくなってきました。

 しかし、遊びは子どもにとって、とても大切なことであり、遊びから子どもは社会や人との触れ合いの大切さなどを身につけていきます。

 そこで、豊明市では、「地域社会の中で、子どもたちの安全で健やかな居場所づくり」を推進するため、学校の教室などを利用し、放課後に昔の遊びや宿題の見守り、スポーツ・文化などの体験活動を行い、地域や学生のボランティアさんの協力を得ながら、「放課後子ども教室」を実施しています。

活動の内容

  • 交流の場:地域の方、学生、異年齢の子どもとの交流
  • 遊びの場:けん玉やこま回しなどの昔遊びや工作など、さまざまな遊び
  • 体験の場:スポーツや文化芸術活動などの体験
    例:ニュースポーツ、ドッヂボール、科学実験、桶狭間の歴史、甲冑づくり、ヨガ、ダンス、華道、茶道、太鼓、縄跳び、習字、紙芝居、囲碁、将棋、マジック、演奏、読み聞かせ、人形劇、絵手紙、ちぎり絵、etc・・・
  • 学びの場:子どもたちの宿題の見守り(学習の指導はいたしません)

各学校で上記の内容を実施しています。

実施日時・実施場所

1.実施日

  • 学校授業のある平日
  • 給食がない日や短縮日課の日は実施しません
  • 夏休みなどの長期休暇中は基本実施していません

2.実施時間

  • 下校後からおおむね午後4時45分

3.実施場所

  • 小学校内、公民館など

実施日・実施時間・実施場所は各学校で異なります。 下記のページをご覧ください

https://www.city.toyoake.lg.jp/3361.htm

参加費・保険料

参加費は無料で実施しています。講座により、材料費等が必要な場合があります。

保険料として1人800円を申込み時に頂きます。

利用条件

  • 申込書3種の提出
  • スポーツ安全保険への加入(受付時に保険料を頂きます。加入手続きは生涯学習課で行います)
  • 毎月の出欠予定表の提出

 放課後子ども教室開講日は、出欠予定表で参加予定とした児童以外の参加はできません。

 放課後子ども教室の利用が全くない月があっても問題ございませんが、出欠予定表の提出をお願いします。

  • 保護者の方のお迎えが必要になります

 児童が放課後子ども教室に参加される時、保護者またはそれに代わる大人にお迎えに来ていただきます。大人であれば、近所の方及びご友人の保護者の方でもお迎えが可能です。但し、申込時に別紙1「利用同意書・お迎え者兼緊急連絡先登録」への登録が必要になります。

各学校でお迎え時間が異なります。下記のページをご覧ください。

https://www.city.toyoake.lg.jp/3361.htm

  • 教室開催中は保護者の方が常に連絡が取れるようにしてください

 連絡先は、別紙1「利用同意書・お迎え者兼緊急連絡先登録」にご記入ください。

  • 必要に応じて保護者面談を実施する必要があります

 特別に支援が必要な児童については、事前にご相談ください。日常会話程度の日本語ができない児童は参加できない場合があります。一定期間の仮入会期間を設けることがあります。

  • 放課後子ども教室のルールに従って利用すること

 放課後子ども教室のルールに従って利用ができない場合は、他の児童の安全確保ができないため、保護者の方の同伴や参加を制限させていただく場合があります。

ルールは次の通りです。

  1. 【毎回講座を実施しています】毎回、参加児童全員で同じ講座内容を行います。参加する場合は、当日の講座と異なる遊びはできません。出欠の記入の際には、児童と保護者でよく相談して、好きな講座の日に参加してください。毎朝、出欠予定を保護者と児童で確認してください。
  2. 【児童の安全確保】ルールを守ることができない場合は、児童の安全確保ができないため、児童の参加を制限する場合があります。また、保護者のお手伝いをお願いすることもあります。
  3. 【宿題タイム】空いた時間に宿題をする時間を設けます。その際、スタッフは学習の指導は致しません。また、講座内容によって、その時間が確保できない場合があります。
  4. 【有料・定員制講座】開催日は、申込者以外は参加することができません。申込後のキャンセルによる材料費のご返金は原則できません。材料や作品をお渡しします。
  5. 【暴風警報など天候悪化時の対応】対応は学校に準じます。
  • 学校がお休みになった場合:放課後子ども教室はありません。
  • 登校後、学校にいる間に暴風警報が発令された場合:放課後子ども教室に出席予定でも、児童を帰宅させます。
  • 放課後子ども教室活動中に暴風警報が発令されたとき:警報が発令次第、保護者の方が直ちに迎えに来てください。
    ※お迎え連絡はいたしません。

申込み

必要なもの
  • 様式1「利用申込書」
  • 別紙1「利用同意書・お迎え者兼緊急連絡先登録」

 申込時にお迎え者の登録が必要です。また、児童が放課後子ども教室に参加される時、保護者またはそれに代わる大人にお迎えに来ていただきます。大人であれば、近所の方及びご友人の保護者の方でも登録可能です。

  • 別紙2「児童問診票」
  • スポーツ安全保険料 1人800円(申込時に現金で頂きますので、おつりのないようにお願いします)

 入会してから翌年3月31日まで適用となり、途中退会等による返金はできません。

 スポーツクラブなど別団体で同名の保険に加入していても、放課後子ども教室参加中の事故は保険の対象となりません。

上記書類の配布期間・配布場所・ダウンロード
  1. 配布期間:随時
  2. 配布場所:生涯学習課窓口
  3. 書類のダウンロード(窓口で配布しているものと同じ内容です)

申込みの受付締め切り

 1年生及び2年生から6年生でそれぞれ申込みの受付締め切りが異なります。

1年生
  • 例年、4月の第2土曜日の午前中に放課後子ども教室の説明会を開催しております。対象は、新1年生及び今まで放課後子ども教室を利用したことがない方になります。説明会に参加することが申込みの必須条件ではありません。随時、生涯学習課の窓口でも説明を行っております。

1.4月からの参加を希望する場合の受付締め切り

 1年生は、まず学校生活に慣れていただくため、参加できるのは5月からになります。

2.5月以降の参加を希望する場合の受付締め切り

 4月1日から4月の第3金曜日まで。

3.6月以降の参加を希望する場合の受付締め切り

 毎月15日までに申込みされますと、翌月から参加できます(15日が土曜日・日曜日・祝日の場合はその前日が締め切り。8月は夏休みのため実施しておりません)。

2年生から6年生
  • 例年、4月の第2土曜日に放課後子ども教室の説明会を開催しております。対象は、新1年生及び今まで放課後子ども教室を利用したことがない方になります。説明会に参加することが申込みの必須条件ではありません。随時、生涯学習課の窓口でも説明を行っております。

1.4月からの参加を希望する場合の受付締め切り

 3月1日から3月15日まで(15日が土曜日・日曜日・祝日の場合はその前日が締め切り)。

2.5月からの参加を希望する場合の受付締め切り

 3月16日から4月の第3金曜日まで。

3.6月以降の参加を希望する場合の受付締め切り

 毎月15日までに申込みされますと、翌月から参加できます(15日が土曜日・日曜日・祝日の場合はその前日が締め切り8月は夏休みのため実施しておりません)。

申込み後、用意してもらうもの

 教室によっては不要なものがございます。詳細は申込みの説明時にお渡しする入会案内でご確認ください。

  • 上履き(学校指定物でなくても構いません)
  • お道具セット(A4サイズ程度のチャック付きメッシュケース(チャック付きクリア袋)に「はさみ」「色えんぴつ(12色)」「折り紙」「のり」「セロハンテープ」を入れてください)

※上記は全て放課後子ども教室で保管します。全ての持ち物に名前を記入してください。

放課後子ども教室を欠席する場合

 放課後子ども教室を欠席する場合は、基本的に、当日の正午までに子ども教室に直接ご連絡ください。連絡手段の違いや連絡の締め切りが午後1時までの教室があるなど、各教室で対応が異なります。詳細は申込みの説明時にお渡しする入会案内でご確認ください。

 学校を欠席した場合、学校から子ども教室に連絡が入りません。その場合も子ども教室に直接ご連絡ください。

その他

放課後子ども教室で働くにはどうしたらよいですか?

 放課後子ども教室で働くには、直営の学校では豊明市のパートタイム会計年度任用職員として登録していただき、面接等により実施します。民間委託の教室では、委託会社にお問い合わせいただきます。

 その他、保護者等のボランティア登録制度があり、見守り等をお願いしております。

パートタイム会計年度任用職員登録制度のご案内 のページへのリンクです。

放課後子ども教室は小学何年生まで利用できますか?

 放課後子ども教室は、実施している小学校に通っている小学1年生から6年生までが利用できます。

放課後子ども教室の申込み時の内容を後から変更することはできますか?

 後から変更可能です。「お迎え者兼緊急連絡先登録」に変更及び追加がございましたら、生涯学習課までお問い合わせください。

 また、放課後子ども教室の利用開始時期を後ろにずらすことが可能です。希望される場合は、申込み時にお伝えします利用開始予定の前月の15日(15日が土曜日・日曜日・祝日の場合はその前日)までに生涯学習課にお問い合わせください。