資源の持ち去りが禁止されます

平成31年3月に「豊明市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例」が公布され、令和元年10月1日に施行されます。これによって、定められた者以外が資源を持ち去る行為が禁止されます。

※収集ができる定められた者とは、市が委託する資源回収業者や町内会・子供会などです。

 

持ち去りが禁止される資源

(1)新聞

(2)雑誌・雑紙

(3)段ボール

(4)牛乳パック

(5)衣類・布類

(6)紙製容器包装

(7)スチール類

(8)アルミ類

(9)スプレー缶・カセットボンベ

(10)有料ビン

(11)その他のビン(カレット)

(12)ペットボトル

(13)乾電池

(14)ビールの空きケース

   

罰則

(1)条例に違反し、資源を持ち去った者に対しては当該違反行為を行わないように「資源収集及び運搬禁止命令書」による命令を行います。

(2)命令書による命令に違反した者(持ち去り行為を繰り返した者)は、20万円以下の罰金刑が適用される可能性があります。

 

※法人等の業務に関して上記違反行為があった場合には、行為者を罰するほか、法人等に対しても同様の罰金刑が適用される可能性があります。

 

持ち去り行為を見かけたら

持ち去り行為を見かけたときは、トラブルを防止するため、直接の接触は避けてください。

次の情報を、環境課ごみ減量推進係まで連絡をお願いします。

 

・持ち去り行為があった日時、場所

・持ち去られた資源の品目

・行為者の特徴

・車のナンバー

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?