制度改正の内容

 令和6年10月分(12月支給分)から児童手当の制度が改正されます。
 手続きの詳細については、決まり次第随時こちらのページでお知らせします。
  令和6年9月分まで(改正前) 令和6年10月分から(改正後)
支給対象となる子ども 中学校修了前までの子ども           18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(高校生年代)の子ども
所得制限

あり

・所得制限限度額未満の方:児童手当

・所得制限限度額以上、所得上限限度額未満の方:特例給付

・所得制限限度額以上の方:支給なし

なし

手当月額

児童手当

・3歳未満:15,000円

・3歳から小学校修了まで

 第1子、2子:10,000円、第3子以降:15,000円

・中学生:10,000円

特例給付:5,000円

・3歳未満

 第1子、2子:15,000円、第3子以降:30,000円

・3歳から高校生年代

 第1子、2子:10,000円、第3子以降:30,000円

第3子以降のカウント方法

高校生年代の子どもから第1子としてカウントします。

 

具体的な例(児童手当の場合)

・21歳:カウント対象外

・17歳:第1子

・14歳:第2子、10,000円

・13歳:第3子、10,000円

・8歳  :第4子、15,000円

22歳に達する日以後の最初の3月31日までの子どもから第1子としてカウントします。

 

具体的な例

・21歳:第1子

・17歳:第2子、10,000円

・14歳:第3子、30,000円

・13歳:第4子、30,000円

・8歳  :第5子、30,000円

支給回数 年3回 年6回(偶数月)

制度改正後最初の定期支払月は令和6年12月です。

 

制度改正に伴う手続き

 高校生年代のお子さまのみを養育している方や、これまで所得上限限度額以上であったために手当を受給していない方などは、今回の制度改正に伴って新たに申請が必要になります。対象となる方には改めて個別にご案内する予定です。

 なお、お子さまを養育している方が市外に在住している場合は住民登録のある市区町村に、公務員である場合は勤務先にお問い合わせください。