かぞく川柳募集

家族のふれあいをテーマにした川柳を募集します。親子や祖父母と孫、曾祖父母とひ孫との心の交流を「川柳」で表現してご応募ください。

 

  1. 家族のふれあいの場面で、日常感じたことを率直に川柳で表現する。読者が温かさを感じる作品を目指す。
  2. 川柳のように「5・7・5」を親子で読みあう。子どもの作った川柳に対して、家族(大人)がそれに対する川柳を読む。

募集期日

令和6年7月3日(水曜日)~令和6年9月4日(水曜日) 

対象

市内小中学生

応募方法

応募用紙に記入し、生涯学習課へ封書またはFAX、直接持ち込み、下記URLより応募。

応募はあいち電子申請・届出システム

おやこ川柳応募用紙(pdf 91KB)

結果発表

最優秀作品1点、優秀作品11点には賞状・賞品を贈呈し、豊明市広報で発表します。

また、青少年健全育成・家庭教育推進事業に係る啓発用品に印刷する場合があります。

令和5年度かぞく川柳入選作品

令和5年度おやこ川柳 入選作品一覧は次のとおりです。(応募総数 33点)

 賞 学校  氏名  子どもの句
大人の句
 最優秀  栄中

森田 久空愛

感謝する 仕事と家事の 二刀流

期待する 部活と勉強の 二刀流

 優秀  中央小

影山 にいな

祖父

かくれてよ はずかしいんだ とうげこう

見送りは 家族総出だ 一年生

 優秀  舘小

因幡 信哉

四年生 部活始まる サッカー部

光る汗 思いうかべて 作るお茶

 優秀  豊明小

黒石 悠衣

五年生 野外キャンプ 楽しみだ

初のトーチ 心を燃やし 親離れ

 優秀  大宮小

野口 蒼仁

汗流す ぼくも青春 してみたい

連れてって 汗と涙の 甲子園

 優秀  栄小

森田 晟ノ介

楽しかった あっという間の 夏休み

長かった 三食作る 夏休み

 優秀 沓掛中

小野 総一朗

まだ寝たい 静かに起こして もう少し

窓を開け ミュージカル調で 起こすわよ

 優秀  豊明小

田村 怜久

祖母

ばあちゃんは うっかりすっかり 忘れ物

忘れ物 孫が気づいて ありがたや

 優秀 舘小

高橋 渚

勉強は 難しいけど 嬉しいな

勉強を 教えて昔を 懐かしむ

 優秀 豊明中

城田 健太朗

受験生 まずは休憩 それからだ

大丈夫? その休憩 長くない?

 優秀 豊明小

田中 建慎

お父さん 子どものころは 何してた?

思い出す 一瞬考え 勉強さ

 優秀 豊明小

渡辺 あづき

もう一回 負けたら言う父 子どもっぽい

もう一回 父の威厳を 保つため