多世代同居・近居に係る固定資産税相当額一部補助事業について

令和3年4月修正掲載

最新情報

補助申請について、令和3年度分の申請受付をしています。

補助金制度のご案内

豊明市多世代同居・近居に係る固定資産税相当額一部補助事業について

では、平成28年4月1日より親世帯や祖父母世帯、子世帯や孫と同居や豊明市内で近居をするために新たに住宅を取得した場合の固定資産税の一部を補助する制度を開始しました。
 この制度の趣旨は、高齢者への目配りや子育てのしやすい環境づくりを通じて、長く住み続けられる街づくりを目指し、住まいかたの形態変化を促すものであります。
 是非ご活用ください。

 

補助制度

 「豊明市多世代同居・近居に係る固定資産税相当額一部補助事業」

 親世帯や祖父母世帯、子世帯や孫と同居や市内での近居をするために新たに住宅を新築・購入し取得した場合、取得した翌年度からの家屋の固定資産税相当額の一部を補助する制度です。
 なお、申請の受付は、固定資産税の1期目の支払いまたは、全期の支払いを済ませられた方から受け付けています。予算の範囲内で行いますので、本年度の受け付けが出来ない場合もございます。
 
補助の内容について(概要)
  • 申請の条件と流れについては、下記をご参照ください。

  補助対象者及び申請書類の概要、流れ(pdf 138KB)

 
補助金交付要綱(詳細が確認出来ます。)