国勢調査2020(総務省統計局)

目的

国内の人口・世帯の実態を把握し、各種行政施策その他の基礎資料を得ることを目的としています。

国勢調査の結果は、国家運営の基礎、社会経済の発展、公的統計の作成のための情報基盤として活用されます。

対象

令和2年10月1日現在、日本国内に居住するすべての人及び世帯

2020年の国勢調査は実施100年目の節目!

大正9年(1920年)から実施されている国勢調査は、令和2年(2020年)調査で100年目の節目を迎えます。その間、時代は大正から昭和、平成、そして令和へ変わってきましたが、今を知り、よりよい未来をつくっていくため、国勢調査の重要性に変わりはありません。

 

国勢調査2020 調査員大募集!!

豊明市では現在、国勢調査の調査員として活躍してくださる方を募集しています。

調査員の仕事

※調査員の詳しい仕事内容についてはこちら(総務省統計局[国勢調査員の募集について])

 

豊明市の募集については以下の通りです。

応募資格
  1. 20歳以上の心身共に健康な人
  2. 責任を持って調査事務を遂行できる人
  3. 警察・選挙に直接関係のない人
活動期間

8月下旬から10月下旬

申込方法

印鑑をお持ちの上、市民協働課窓口(新館2階)へ直接お申し込みください。

申込書は市の窓口または下記よりダウンロードしていただけます。

国勢調査員申込書

申込期限

6月19日(金)まで

その他

調査員となった人は統計法により秘密の保護が義務付けられます。

市民協働課の連絡先

電話番号:0562-92-8306(市民協働課直通)

工業統計調査(経済産業省)

目的

我が国の工業の実態を明らかにし、産業政策、中小企業政策など、国や都道府県などの地方公共団体の行政施策のための基礎資料となります。また、我が国の経済統計体系の根幹を成し、経済白書、中小企業白書などの経済分析及び各種の経済指標へデータを提供することを目的としています。

対象

製造業に属するすべての事業所

2020年調査では調査方法が変わります。

  1. 新型コロナウイルス感染拡大予防のため調査員が電話にて調査を行うことがあります。
  2. 調査票の回答方法がオンライン回答もしくは郵送回答のみとなります。

経済センサス-基礎調査(総務省統計局)

目的

すべての産業分野における事業所の活動状態等の基本的構造を全国及び地域別に明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の母集団情報を整備することを目的としています。

対象

(1)甲調査

すべての民営事業所を調査します。ただし、個人経営の農・林・漁業(農・林・漁家)など、一部の事業所は除きます。

(調査の期間:2019年6月~2020年3月)

(2)乙調査

国及び地方公共団体の事業所を調査します。

(調査の期日:2019年6月1日)

全国家計構造調査(総務省統計局)

目的

家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的としています。

対象

全国から無作為に選定した約90,000世帯が対象です。

 農林業センサス(農林水産省)

目的

我が国の農林業の生産構造や就業構造、農山村地域の実態を明らかにすることを目的としています。この調査の結果は、農林行政の企画・立案、国土利用計画及び経済計画の策定などの基礎資料として利用されます。

対象

農家・林家、農業法人等。

(調査の期日:2020年2月1日現在)

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?