仕事と生活の調和、仕事と子育ての両立を目指して

 平成15年7月に「次世代育成支援対策推進法」、平成27年8月に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」が成立し、国及び地方公共団体については、特定事業主として行動計画の策定が義務付けられています。

 本市においては、それぞれの法律を基に、職員の子どもたちの健やかな育成のための仕事と生活の調和(ワークライフバランス)の推進のために「豊明市特定事業主行動計画」を、女性の職業生活における活躍を推進し、豊かで活力ある社会の実現を図ることを目的として「豊明市における女性職員の活躍の推進に関する特定事業主行動計画」の2つの計画を策定していました。

 このたび、令和2年度末をもって、この2つの計画の計画期間が満了することから、これまでの計画の検証を行うとともに、次世代育成支援や仕事と生活の調和(ワークライフバランス)の推進、女性職員の活躍推進に向けた取り組みについては、共通する部分が多く、一体的に取り組むことが効果的・効率的と考えられることから、これまでの取り組みを継承しながら「次世代育成支援対策推進法」、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づく行動計画を一体化し、新たに「豊明市特定事業主行動計画」として策定しました。

 計画期間は令和3年度から令和7年度までの5年間とし、各種取り組みを実施しながら、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)の推進、女性職員の活躍の推進を目指すものです。

「豊明市特定事業主行動計画」 (PDF:520KB)

豊明市特定事業主行動計画の実施状況及び豊明市における女性の活躍状況の公表(PDF:131KB)

以下は過去の計画↓