はじめに

CJC紹介の画像その1

平成14年度から学校週5日制が実施されました。学校5日制は、「ゆとりの中で子どもたちの生きる力をはぐくむ」という観点から、学校・家庭・地域社会が一体となって、それぞれの教育機能を発揮して、子どもたちが自然体験や社会体験など様々な活動を行う場や機会を増やし、豊かな心やたくましさを育てようというものです。

豊明市では、この学校5日制の実施に伴い、小学生や中学生が地域の方々の指導によって、土・日曜日も文化的活動を行うことができるように、平成14年5月7日に豊明市文化系ジュニアクラブ(名前が長いので、toyoake city Cultural Junior Club を省略して「CJC」とよびます。)を設立しました。この事業を通じて、子どもたちの文化的活動を支援・援助していきます。


 

CJCって何?

CJC紹介の画像その2

CJCは、豊明市文化系ジュニアクラブの略称です。

 豊明市内の小・中学生を対象に、土・日曜日に文化的な活動をするクラブ(それぞれのクラブのことを「単位クラブ」と呼びます。)を指導援助するためのクラブです。

単位クラブは、児童・生徒5名以上の仲間と指導する地域の方、保護者の協力がなければ創ることができません。

クラブ会員になるためには、年会費が必要です。この会費は、保険料や単位クラブの運営費に充てられます。その他、単位クラブで必要な経費を負担しなければならない場合もあります。

CJCに指導者として登録してくださった地域の方々が、子どもたちへの指導にあたります。

子どもたちの要望に応えるため、指導者・新規クラブを募集しています。詳しくは「指導者・新規クラブ募集 案内のページ」をご覧ください。

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?