住民基本台帳カードへの公的個人認証サービス搭載は平成27年12月22日(火曜日)で終了します。 

公的個人認証サービスとは

 オンライン上で行政手続きを行ううえで、 他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するための機能を全国どこに住んでいる人に対しても安い費用で提供するものです。
 

電子証明書について

  • 公的個人認証サービスを利用するために、オンライン上で本人確認書類の役割を果たす「電子証明書」が必要です。「電子証明書」は住民基本台帳カード(住基カード)に保存されている本人確認情報のことをいいます。
  • 電子証明書は、住所・氏名・性別・生年月日の4情報に変更があると失効します。
  • その他記録に誤りを発見した際など職権により失効することがあります。
  • 有効期間 : 3年
  • 申請できる人 : 豊明市の住民基本台帳カードを持っている15歳以上の人
   

電子証明書の更新手続き

  • 有効期間満了の3カ月前から
    ※新たな電子証明書の有効期間は、更新手続きの翌日から起算して3年間となります。
    ※すでに失効した電子証明書については、更新ではなく新規発行の申請にあたります。
  • 必要なもの
  • 有効な電子証明書が格納されている住民基本台帳カード
  • 本人確認書類(写真付きの住基カードを持っている場合は必要ありません。)
  • 手数料 500円

注意事項

  • 住基カードの発行と電子証明書機能をつけるには一人30分程度時間を要します。混みあう時期もありますので、時間には余裕をもってお越しください。
  • 住基カードを用いて手続きを行う場合、利用者クライアントソフトのインストールとICカードリーダライタが必要です。 利用者クライアントソフトのインストール方法等については電子証明書の申請時にご案内しています。ICカードリーダライタは電器店等でお買い求めください。
  • 豊明市の住民基本台帳カードはNTTコミュニケーションズ(株)製eLWISE(512kb)です。
 

参考リンク

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?