確定申告が始まります。市・県民税、所得税などの申告はお早めに!

確定申告会場(豊明市分庁舎会場)での確定申告は2月中に!!

豊明市分庁舎会場では、確定申告書の電子申告(e-Tax)による作成・提出を推進しています

※愛知県産業労働センター会場(ウインクあいち6階)をご利用予定の方は(1)、豊明市分庁舎会場(豊明市商工会館2階)をご利用予定の方は、(2)及び(3)をご覧ください。

(1)確定申告会場

愛知県産業労働センター会場(ウインクあいち6階)

令和2年2月17日(月曜日)から3月16日(月曜日)まで

(土・日・祝日を除く。ただし、2月24日(月曜日・振)、3月1日(日曜日)は開設します。)

午前9時15分から午後5時まで

(受付は午後4時に終了します。会場の混雑状況により、案内を早めに終了する場合があります。)

ウインクあいち地図

愛知県産業労働センター会場では、職員のアドバイスによりご自分で作成していただきます。

当会場では、パソコンコーナーを主とし、電子申告(e-Tax)による作成・提出を推進しています。

受付の内容:所得税、消費税及び地方消費税、贈与税の申告

※開催期間中、税務署内に申告会場は設けていません。

※作成済みの申告書は、郵送で提出してください。

※会場は、熱田税務署・名古屋西税務署・名古屋中村税務署・中川税務署の合同会場となります。

※豊明市分庁舎会場で受付できない相談は愛知県産業労働センター(ウインクあいち6階)会場でお願いします。

※会場には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

♢年金・給与所得者の方の医療費控除などの還付申告は、1月以降受付を行っております。

 なお、申告書作成にあたっては、便利な国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」

 をご利用ください。詳しくは、税務署へお問い合わせください。

♢申告期間中は、税務署への電話が大変繋がりにくくなっております。

 所得税は国税ですので、市役所ではお答えすることができません。ご了承ください。


愛知県産業労働センター会場運営・確定申告に関するお問い合わせ

熱田税務署 ☎052(881)1541

(音声案内にそって「0」を選択してください。)

 〒456-8711 名古屋市熱田区花表町7番17号

(2)確定申告会場(兼市民税・県民税申告会場)

 豊明市分庁舎会場では、令和2年度市・県民税、令和元年分確定申告の受付を次の通り行います。

会場は大変混雑し、長時間お待ちいただく場合がございます。健康管理などにご留意のうえお越しください。

豊明市分庁舎会場(豊明市商工会館)2階会議室1・2

税理士による無料相談を兼ねる

令和2年2月14日(金曜日)から2月28日(金曜日)まで(土・日・祝日を除く)

【午前の部】午前9時30分から午前11時

【午後の部】午後1時から午後3時

※整理券配布:【午前の部】午前8時50分から午前11時

       【午後の部】午後0時30分から午後3時

 混雑する場合は、配布時間内であっても、配布予定枚数に達し次第、終了します。

 混雑や申告の状況によって、整理券の配布枚数は変わる場合があります。

分庁舎案内図

税理士と税務署職員が、所得税及び復興特別所得税・消費税及び地方消費税申告の相談や

申告書の書き方についてアドバイス・お手伝いします。

ただし、申告内容によっては、愛知県産業労働センター(ウインクあいち)会場で

お願いすることもありますのでご了承ください。

なお、簡易な申告書作成(確定申告書A)は、市役所職員がパソコン入力などのお手伝いをします。

受付内容:確定申告書Aの給与、公的年金等の雑所得、配当所得(総合課税)、一時所得

     ※会場開設期間中は、市民税・県民税の申告も受け付けます。

     ※土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの譲渡所得は、豊明市分庁舎会場では受け付けることが

      できません。愛知県産業労働センター会場(ウインク愛知)で申告してください。

その他(1)豊明市分庁舎会場では、豊明市在住の外国人支援のため、ポルトガル語通訳が

    確定申告書作成のお手伝いをします。

   (2)申告会場は大変混み合い、長時間お待ちいただくこともございます。

    健康管理などにご留意のうえお越しください。

   (3)国税庁・税務署では、ご自宅などでパソコンによる作成や電子申告を推奨しています。

    国税庁ホームページ 「確定申告書等作成コーナー」

   (4)豊明市分庁舎会場にご来場いただき、申告書を作成する時に必要書類が不足している場合、

    ご用意いただいてから再度受付していただくこととなります。

   (5)期間中は大変混雑しますので、公共交通機関などのご利用にご協力をお願いします。

    お車でお越しの場合は、市役所の駐車場をご利用ください。

豊明市分庁舎会場では、パソコンによる申告書作成を推進しています。

豊明市分庁舎会場では、原則パソコンを使って確定申告書作成を行います。

(市民税・県民税申告は手書きです。)

※簡単な申告書(申告する所得が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、配当所得(総合課税)、一時所得のみ)であっても、付表や計算明細書の作成はご自身での作成になりますので、事前にご準備ください。

また、作成済みの確定申告書は当会場でお預かりしますが、事前準備と計算誤りや記載漏れがないか

ご自身でのご確認をお願いします。

(3)市民税・県民税申告会

豊明市分庁舎会場(豊明市商工会館)2階会議室1・2

市役所職員による申告書作成支援

令和2年2月10日(月曜日)から2月28日(金曜日)まで(土・日・祝日を除く)

【午前の部】午前9時30分から午前11時

【午後の部】午後1時から午後3時

※整理券配布:【午前の部】午前8時50分から午前11時

       【午後の部】午後0時30分から午後3時

 混雑する場合は、配布時間内であっても、配布予定枚数に達し次第、終了します。

 混雑や申告の状況によって、整理券の配布枚数は変わる場合があります。

原則として市民税申告ができますが、年金所得のみの確定申告A(還付申告)は

パソコンを使っての作成補助・受付を行います。

申告の内容によっては、ウインクあいち会場をご案内する場合がありますので、

あらかじめご承知おきください。

また、作成済みの確定申告書は当会場でお預かりしますが、事前準備と計算誤りや記載漏れがないか

ご自身でのご確認をお願いします。

※期間中は大変混雑しますので、公共交通機関などのご利用にご協力お願いします。

お車でお越しの際は、市役所の駐車場をご利用ください。

(注)確定申告を提出される方、勤務先や年金支払者などから給与や年金の支払い報告書が

市役所に提出されている方で、他の所得のない方は、市・県民税の申告は必要ありません。

 ただし、所得のない方でも介護保険料や国民健康保険税等の算定基準とするため、

市・県民税の申告が必要な場合があります。

※公的年金等の収入額が400万円以下で、かつ、公的年金等にかかる雑所得以外の所得が20万円以下

である場合には、所得税の確定申告を提出する必要はありません。

ただし、所得税が源泉徴収されている場合、確定申告書を提出することで所得税が還付になることがあります。

また、所得税の確定申告書を提出する必要がない場合でも、市・県民税の申告をすることで市・県民税の

各種控除を受けることができます。

♢申告期間中は、税務署への電話が大変繋がりにくくなっております。

 所得税は国税ですので、市役所ではお答えすることができません。ご了承ください。


豊明市分庁舎会場に関する問い合わせ 豊明市役所 税務課市民税係 ☎0562(92)1118

確定申告に関する問い合わせ     熱田税務署         ☎052(881)1541

 確定申告の必要な人

(1)事業所得者など

 事業・不動産・雑(年金)所得などがある人で、令和元年(平成31年)中の各種所得金額の合計が基礎控除やその他の所得控除の合計より多い人

(2)給与所得者

 通常は申告の必要はありませんが、次のような人は必要です。

 (1)令和元年(平成31年)中の給与収入が2,000万円を超える人

 (2)給与を1か所から受けている人で、給与所得・退職所得以外の所得が20万円を超える人

 (3)給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える人

(3)年金受給者

 年金を受けている人や年金のほかに給与や他の所得があり所得税が課税となる人

 ※公的年金などの収入額が400万以下で、かつ、公的年金などにかかる雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税の確定申告書を提出する必要はありません。

 ただし、所得税が源泉徴収されている場合、確定申告書を提出することで所得税が還付になることがあります。また、所得税の確定申告書を提出する必要がない場合でも、市・県民税の申告をすることで市・県民税の各種控除を受けることができます。

(4)譲渡所得者

 土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡し、所得税が課税となる人

  ※豊明市分庁舎会場では受け付けることができません。

   愛知県産業労働センター会場(ウインク愛知)で申告してください。

 確定申告で所得税が還付される人

 確定申告の義務のない人でも次のような場合は、申告をすれば所得税が還付になる場合があります(源泉徴収されていない方は、還付はありません)。

 (1)病気やケガで10万円(総所得金額200万円未満の場合は、その総所得金額等の5%)を超える医療費(保険などで補てんされる金額を差し引いた金額)を支払った人

 (2)金融機関などから借り入れをして住宅を取得した人、増改築及び敷地などを購入して一定の要件に該当する人および耐震改修などをして一定の要件に該当する人(いずれも初回時は確定申告が必要です。)

 (3)給与所得者で年の途中に退職し、その後就職していないため年末調整を受けられなかった人

 (4)公的年金等の雑所得のある人で配偶者特別控除、生命保険料控除、社会保険料控除などの所得控除を受けようとする人


作成した申告書の送付先

 〒456-8711

 名古屋市熱田区花表町7-17

 熱田税務署

 TEL 052-881-1541

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?