ひとり親世帯臨時特別給付金について(国制度)

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担うひとり親世帯については、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより特に大きな困難が心身等に生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため、国の制度に基づき臨時特別給付金を支給します。

支給額

基本給付 1世帯あたり5万円、第2子以降ひとりにつき3万円を加算
追加給付 1世帯あたり5万円

対象者

基本給付

(1) 令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方
(2) 公的年金等を受けていることにより児童扶養手当の支給を受けていない方
  ※児童扶養手当に係る支給制限限度額を下回っている方に限ります
  ※遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償等
      ※既に児童扶養手当の認定を受けている方だけでなく、令和2年6月分の児童扶養手当の受給資格者(申請していれば支給が全額または一部停止されたと推測される方)も対象となります。
(3) 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が減少し、直近の収入が児童扶養手当の支給対象と同等の水準に下がった方

追加給付

上記《1.基本給付の対象者》(1)、(2)のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を
受けて収入が大きく減少しているとの申し出があった方

申請手続方法

支給要件によって申請手続きについて違いがありますので、ご注意ください。

● 基本給付の対象者(1)の方
  • 支給対象者には7月下旬に案内を送付します。基本給付については申請不要です。
  • 8月下旬に児童扶養手当の登録口座に振り込みます。
  • 追加給付については、申請が必要です。
    該当者は、送付するお知らせに同封された申請書を、児童扶養手当の現況届時にご提出ください。

● 基本給付の対象者 (2)の方および(3)の方
  • 豊明市遺児手当の認定者には現況届とあわせて申請書類を送付しますので、該当者は申請してください。
  • 基本給付、追加給付ともに申請が必要です。(追加給付は(2)の方のみ)
  • それ以外の方(ひとり親手当未申請の方)は、下記のものをお持ちのうえ窓口で申請してください。
    申請に必要なもの 
    • 申請者の本人確認書類
    • 印鑑(認印可)
    • 申請者名義の預金通帳、またはキャッシュカード
    • 児童扶養手当の支給要件を確認できる書類
    離婚、死別、未婚の方:戸籍謄本または抄本
    配偶者が障害の状態にある方:戸籍謄本または抄本および配偶者の障害年金証書等
    その他の方はお問い合わせください。
  • (2)の方 年金額改定通知書、年金振込通知書、平成30年分の公的年金の額がわかるもの
  • (3)の方 令和2年2月以降いずれか1か月の収入を確認できる書類(本人及び扶養義務者(同居親族)分)
    ※給与明細書、売上台帳、年金振込通知書等の写し
  • 追加で書類を求めることがあります。また、必要書類を準備できない場合はご相談ください。

申請期間

令和2年8月3日(月曜日)~令和3年2月26日(金曜日)

 受付場所

8月中:豊明市 中央公民館 ホール(豊明市役所本館2階)
9月以降:豊明市役所 子育て支援課窓口

支給日

  • 基本給付の対象者 (1)の方の基本給付については、 8月下旬に児童扶養手当の登録口座に支給します。
  • 基本給付の対象者 (2)および(3)の方の基本給付と追加給付全般については、審査後、できるだけ速やかに支給をさせていただきます。

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?