海外渡航の予定があり、相手国などに接種証明書の提示が必要な人のみが申請できます。

 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(いわゆるワクチンパスポート)とは

新型コロナウイルス感染症が世界的にまん延している現状において、国際的な人的往来における防疫措置、各種行動制限が講じられています。これらの制限措置の一部緩和を相手国などが判断する上で活用できるよう、海外渡航予定の方のワクチン接種を公的に証明するものです。

※「ワクチン接種を公的に証明する」とは、海外渡航者の旅券番号や氏名の英語表記等、国際的な人的往来における利用の際に必要と考えられる事項を記載した接種の証明を行うことをいいます。国内では、接種済証(接種完了後の接種券)や接種記録書(優先接種対象者用)が接種の証明になります。

 

対象者について

豊明市発行の接種券を利用して新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた方で、現に海外渡航の予定があり、証明書があることで防疫措置の緩和等が受けられる方。なお、以下の方々は発行対象外です。

 

  • 現に海外渡航の予定がない方
  • 接種を受けていない方
  • 予防接種法の対象外となる方

(在外日本人一時帰国者、米軍接種を受けた在日米軍従事者、ワクチンの輸入等で接種した者、国内治験参加者)

 

※転出等により申請自治体が居住する自治体と異なる場合があります。

 

申請・発行について【7月26日(月曜日)より郵送での受付開始】

申請方法

郵送で受付を行います。

※郵送での申請が難しい場合や、渡航日が近く早期の発行が必要な方は新型コロナウイルスワクチン接種係(0562-92-8362)までお問合せください。

※申請から発行までに通常1~2週間程度お時間がかかります。なお、接種事実の確認が困難な場合、2週間以上時間がかかる場合がありますのでご了承ください。

 

申請に必要なもの

(1)交付申請書

Excel形式 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(xlsx 23KB)

pdf形式  新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(pdf 72KB)

 

(2)旅券(パスポート)の写し

(3)接種済証(接種記録書)の写し

(4)本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証等)※返送先住所の記載されたもの

(5)返信用封筒 ※宛名の記載及び切手の貼付をお願いします。

 

【場合によって必要なもの】

旅券に旧姓・別姓・別名(英字)が記載されている場合

(6)旧姓・別姓・別名の確認書類(旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し等)

 

代理人による申請の場合

(7)委任状(委任者の自署又は記名押印が必要です)

Word形式 委任状(docx 13KB)

pdf形式  委任状(pdf 83KB)
(8)代理人の本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証等)※返送先住所の記載されたもの

 

※(2)(3)(4)(6)(8)については、原本を送ることのないようにしてください。なお、写しに不明な点等がある場合は、原本のご提示をお願いすることがあります。

※代理人が交付申請を行う場合は、原則、代理人宛に証明書を返送します。

 

送付先

豊明市新型コロナウイルスワクチン接種係

〒470-1195 豊明市新田町子持松1-1

 

関連リンク

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(外務省)

 

海外在留邦人ワクチン接種事業

外務省では、8月1日から、日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等で、在留先での新型コロナウイルスワクチン接種に懸念等を有し、日本に一時帰国してワクチン接種を行うことを希望する方々を対象に、成田空港及び羽田空港においてワクチン接種事業を実施予定です。

詳細については、下記の外務省ホームページをご確認ください。

日本での新型コロナウイルス・ワクチン接種を希望する海外在留邦人等の皆様へのお知らせ(外務省)

※海外在住でも豊明市に住民票を有する方は、豊明市での接種対象であるため、本事業の対象外となります。

 

豊明市に住民票を有する方で、今後海外赴任を予定されている方は、新型コロナウイルスワクチン接種係にご相談ください。