概要.pdf(323KB)  活動紹介.pdf(298KB)  活動事業.pdf(798KB)  会則.pdf(86KB)

  協会目的

  「 危険物に起因する災害を防止する」

 豊明市危険物安全協会は、危険物の安全管理に必要な知識、技能の向上及び会員相互の融和と親睦を図り、危険物に起因する災害を防止することをもって、社会公共の福祉増進に寄与することを目的に、昭和48年に設立しました。

 協会は、危険物を保有する事業所の正会員と、危険物を保有してはいないものの、協会の趣旨に賛同いただいた賛助会員で組織されており、平成29年11月現在で81会員で構成しています。

協会の構成

役員

 会長  1名

 副会長 2名

 会計  2名

 監事  2名

 理事  8名   合計 15名

会員

 正会員   45会員

 賛助会員  36会員  合計 81会員

 

主な事業内容

行事
5月 定期総会/第1回理事会
6月 危険物安全週間
7月 協会視察研修
9月 第2回理事会
10月 消火競技会
11月 第3回理事会・かけこみ119研修会
3月 第4回理事会

かけこみ「119」事業!

 平成25年11月9日(119番の日)から「かけこみ119」事業をスタートしました。

 「頼れる事業所」として事業所付近で発生した緊急事案にAEDや消火器などを貸し出したり、応急手当や救命措置などを「かけこみ119」登録事業所が積極的に行うといものです。

 事業開始から現在までで、登録事業所が事業所付近で発生した交通事故などで119番通報や応急手当をするといった奏功事例が6事案あり、地域に貢献しています。

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?