生ごみの減量を!

豊明市では、EMボカシを市内5ヶ所(豊明市役所環境課、JAあいち尾東の豊明市内 4店舗)で無料配布しています。

ぜひこのEMボカシを使って、生ごみを減らし、堆肥をつくってみてください !

 

EMボカシとは?

もみ殻、米ぬか、糖蜜にEM菌(有効微生物群)を混ぜ合わせて乾燥発酵させたもの。これを、生ごみにかけると、EM菌が生ごみを腐敗させることなく発酵させて、堆肥へと変化させます。ごみ特有のイヤな臭いが消えるほか、ハエや猫も寄せつけません。

 

ボカシの使い方 (PDF形式)

 

※EMボカシを使った生ごみの減量には、密閉容器(できればボカシ専用容器)が必要です。EMボカシに含まれる菌が嫌気性菌(空気を嫌う菌)であるからです。

※EMボカシを直接畑にまいたり、コンポストで使用したりしても、効果はありません。まちがった使用をした場合、ウジなどの虫が発生することがあります。

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?