1 「臨時福祉給付金(経済対策分)」とは

 消費税が5%から8%へ引き上げられたことに伴う影響を緩和するため、所得の低い方々に対して、制度的な対応を行うまでの間、暫定的・臨時的な措置として臨時福祉給付金を支給するものです。

 

2 「臨時福祉給付金(経済対策分)」の支給対象者及び支給金額

 臨時福祉給付金制度は、平成26年度から始まり、今回で5回目となります。それぞれ、対象となる条件が異なります。「臨時福祉給付金(経済対策分)」では、 主に下記の(1)~(4)のいずれにも当てはまる方を対象として、お一人15,000円を支給します

(1)

 平成28年1月1日現在、豊明市内に住民登録がある方。(豊明市以外に登録のあった方は、登録のあった市町村役場にてご相談ください。亡くなられた方は、支給対象外となります。

(2)

 平成28年度市民税が非課税の方。

(3)

 平成28年度市民税が課税されている方に扶養されていない方(配偶者控除、扶養控除 、配偶者特別控除、専従者控除の対象となっている方のことです。健康保険の扶養とは異なります。)

(4)

 平成28年1月1日現在、生活保護を受給されていない方

   

3 申請方法

 平成29年3月上旬に、平成28年度市民税が非課税の方がおられる世帯に申請書を市から郵送しました。申請書がお手元に届きましたら、必要事項をご記入押印の上、必要書類のコピーを添えてご返送ください。

 審査の結果、給付金の対象と確認できましたら、ご指定の口座へ振り込みさせていただきます。

市から郵送するもの

 平成28年度市民税が非課税である通知、経済対策臨時福祉給付金申請書、申請書の記入例(必要書類の説明書きもあります)、返信用封筒

申請に必要な書類

 申請書、本人確認のできる書類(免許証、健康保険証、マイナンバーカード(※2)等)のコピー、振込先の通帳のコピー(必要な方のみ)、

 ※1 窓口での申請をご希望の方は、市役所3階の会議室1までご提出ください。

 ※2 マイナンバーカードの場合、表面(顔写真のある側)だけのコピーで結構です。

 ※3 成年後見人、保佐人等の方が代理申請される場合は、謄本のコピーを添付してください。

 

4 申請期間

 平成29年3月1日(水曜日)~平成29年8月31日(水曜日)まで(当日消印有効。)

  • 申請期間内に申請書類をご提出ください。期間後の申請書類は受け付けできかねますのでご承知置きください。
  • 申請書類は、郵送していただきますようご協力お願い申し上げます。

 

5 臨時福祉給付金のお支払い時期

 審査の結果、給付金の対象と認定できましたら、申請から1~2ヶ月後にご指定の口座へお振り込みいたします。

 

6 申請、お問い合わせ窓口

 申請についてご不明な点等ございましたら、下記までお問い合わせください。

  • 臨時福祉給付金事務室 0562-91-3110(8月31日(木曜日)まで)
  • 場所:豊明市役所 3階 会議室1
  • 受付時間:午前9時から午後5時まで

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?