大学等入学支援金制度


平成29年度の受付は終了しました。


豊明市では、大学等(大学(専攻科、別科及び大学院は除く)・短期大学・専修学校の専門課程)への進学を希望される方に、次の2種類の奨学制度で入学金を支援します。

奨学制度

ふるさと応援奨学金(貸付型)

学び応援奨学金(給付型)

趣旨

豊明市への定住を促進するため、将来的に定住を考えている人に対して、修学の支援をするとともに、有用な人材育成・確保を目的とします。 経済的な理由により大学等に進学困難な人に対して、教育の機会均等を図るとともに、有用な人材育成に寄与することを目的とします。
募集人数

15人以内

5人以内

入学支援 金額

1人あたり30万円(上限)

応募資格

平成30年4月に大学等に入学予定の方で、次の1~3のいずれかに該当し、かつ、4~7のすべてに該当すること 

  1. 高等学校等を卒業見込みの方
  2. 高等学校等を卒業後2年以内の方
    (大学等に入学したことのある方は除く)
  3. 高等学校卒業程度認定試験の合格者
  4. 申請時において、豊明市に1年以上
    住所を有すること
  5. 大学等の卒業後、豊明市に定住する
    意思があること
  6. 修学の意欲があり、品行方正である
    こと
  7. 確実な保証能力がある連帯保証人を
    付することができること

平成30年4月に大学等に入学予定の方で、次の1~3のいずれかに該当し、かつ、4~6のすべてに該当すること 

  1. 高等学校等を卒業見込みの方
  2. 高等学校等を卒業後2年以内の方
    (大学等に入学したことのある方は除く)
  3. 高等学校卒業程度認定試験の合格者
  4. 申請時において、豊明市に1年以上
    住所を有すること
  5. 修学の意欲があり、品行方正であること
  6. 経済的な理由により進学困難な世帯に属していること

※所得がある者全員の区市町村民税の所得割額の合計が51,300円未満の世帯

提出書類

 

※様式等については、豊明市役所学校教育課の窓口でも配布しています。

 

  1. 入学支援金貸付申請書(様式第1号)
  2. 高等学校等の卒業見込証明書、
    卒業証明書又は高等学校卒業程度認定試験合格証明書
  3. 連帯保証人の所得証明書及び納税証明書
  4. 申請者の属する世帯全員の住民票の写し
  5. 推薦書(様式第2号)
    ※在学している学校に作成を依頼してください。
  6. 成績証明書(学校所定の様式)
  7. 小論文
    ※『私の将来の目標』について、指定の「原稿用紙(A4サイズ400字詰め、横書き)」に2枚(800字)程度で作成してください。
  1. 入学支援金給付申請書(様式第1号)
  2. 高等学校等の卒業見込証明書、
    卒業証明書又は高等学校卒業程度認定試験合格証明書
  3. 申請者の属する世帯において所得がある者全員の所得証明書
  4. 申請者の属する世帯全員の住民票の写し
  5. 推薦書(様式第2号)
    ※在学している学校に作成を依頼してください。
  6. 成績証明書(学校所定の様式)
  7. 小論文
    ※『私の将来の目標』について、指定の「原稿用紙(A4サイズ400字詰め、横書き)」に2枚(800字)程度で作成してください。
提出先 〒470-1195 豊明市新田町子持松1-1 豊明市教育委員会 学校教育課
提出方法

必要書類を上記提出先に持参又は郵送で提出してください。

※郵送の場合は、発送の記録が残る「特定記録」「書留」等をご利用ください。

申請書

受付期間

平成29年7月3日(月曜日)から7月30日(月曜日)

入学支援金

返還方法

 

大学等を卒業した年の翌年1月1日から10年間で返還していただきます。

※ただし、大学等を卒業後、毎年1月1日現在、豊明市に住民登録を有し、かつ、引き続き居住していただくとその間は返還が免除されます。 

返還義務なし

その他

  • 奨学金の申請にあたっては、「ふるさと応援奨学金(貸付型)」か「学び応援奨学金(給付型)」のどちらかにしか申請できませんのでご了承ください。

  • 奨学生の決定については、提出書類に基づき、人物、学業成績、所得状況、小論文について豊明市大学等入学支援金選考委員会で審査・選考し、教育委員会が決定します。なお、選考結果については、 9月中旬頃までに通知させていただく予定です。
募集要項
様式

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?