平成25年4月1日から予防接種法で定める定期予防接種として開始された子宮頸がん予防ワクチンの接種は、平成25年6月14日に開かれた国の専門者会議において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み(副反応)が診られたことから、副反応の発生頻度等を明らかにし、適切な情報提供ができるまでの間、積極的に接種勧奨するべきでないとされました。
 
 
 このことを受け、市では子宮頸がん予防ワクチンの定期予防接種について、対象者の方への積極的な勧奨を差し控えることとしました。
 
 ただし、積極的な勧奨の差し控えは、定期接種を中止するものではないため、対象者の方で接種を希望する場合は、定期接種としてワクチンを接種することができます。接種を希望する方は、「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ(平成25年6月版)」を参考に、ワクチン接種の有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分に理解した上で、接種していただくこととなります。
  
 
 また、すでに接種を開始している方(ただし3回の接種は終了していない方)で、今回の積極的な勧奨の差し控えの措置で、規定の接種間隔を超えてしまう方等への対応等については、現在国において検討中です。詳細がわかり次第、速やかに情報提供させていただきます。

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?