食育ひろば

 

豊明の農産物

 豊明市全体の面積は2,318ha※で、そのうち約23%(536ha)が農地です。そこで 私たちの食生活をささえる農産物が作られています。また、その農地のうち約69%(371ha)が田、約31%(165ha)が畑で、豊明市では主に次の農産物が作られています。

 
 ※1ha(ヘクタール)は1辺が100mの正方形の土地と同じ広さで、面積は10,000平方メートルです。
 

お米

お米の画像

 
やっぱりお米がいちばん。市内の田んぼのうち約68%(253ha)でお米が作られています。品種は「コシヒカリ」(約4割)と「あいちのかおり」(約6割)が中心です。
新米の出荷は、「コシヒカリ」が8月下旬から、「あいちのかおり」が10月上旬から始まります。

   

小麦(収穫時期=6月上旬~中旬)

小麦の画像

 
水田の転作作物として振興が図られ、市内で約15ha作られています。
品種は「農林61号」で、主にうどんやそうめんの原料として使われますが、汎用性が高いため、クッキーなどのお菓子にも使われます。

   

大豆(収穫時期=12月中旬~下旬)

大豆の画像

 
「畑のお肉」と呼ばれるほど、たんぱく質が多く含まれており、非常に栄養価も高いうえに、様々な食べ方ができる食材でもあります。ちなみに、若いうちに収穫したものが「枝豆」です。
市内では約11ha作られていて、品種は主に豆腐用に使われる「フクユタカ」が中心です。

   

黒大豆(収穫時期=12月中旬~下旬)

黒大豆の画像

 
市内では丹波種の黒大豆も約3,000平方メートル作られています。丹波種黒大豆の特徴は、大粒で糖分が多く煮崩れしにくいことと、身体にとても良い成分が多く含まれていることです。 
市内の和菓子屋では、黒大豆ようかん「紫宝」としても販売されています。

   

はくさい(収穫時期=12月~2月ごろ)

はくさいの画像

 
はくさいはビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウムなど、特に芯の部分に栄養が豊富に含まれています。調理方法が多様な野菜で、特に寒い冬には体を温める食べ物として重宝されます。
市内では約13ha作られています。

   

プチヴェール(収穫時期=12月~2月ごろ)

プチヴェールの画像

 
青汁の原料でもあるケールと芽キャベツとをかけ合わせた新種の野菜で、1990年に静岡県で誕生しました。ビタミンCやカロテン、カルシウム、鉄分など栄養価が高く、JAあいち尾東でも部会を立ち上げ、特産品となるよう推進中です。市内でも約1,000平方メートル作られていて、JA産直所で販売されています。

   

施設野菜

いわゆるビニルハウス内で栽培し、普通よりも収穫・出荷時期を早めたり、遅くしたりして、その作物の供給期間を長くするものです。
主にトマトメロンいちごなどが栽培されていて、市内にそれぞれ直売所もあります。

 

   

露地野菜

市内の畑では、主にさつまいもなすかぼちゃすいかスイートコーンねぎキャベツほうれんそうたまねぎだいこんさといもじゃがいもなどが作られています。

 

   

果樹

ぶどう(収穫時期=8月上旬~9月下旬)

ぶどうの画像

 
市内では約10ha作られていて、直売所も数多くあります。収穫時期は品種によっても異なりますが、8月上旬からデラウエアが、8月中旬から巨峰が最盛期を迎えます。

   

かき(収穫時期=10月~12月)

かきの画像

 
特に沓掛町徳田地域で多く、約16ha作られています。品種は「次郎柿」「富有柿」が多く、収穫時期は10月から12月ごろまでです。

   

みかん(収穫時期=11月中旬~12月)

みかんの画像

 
市内南部に位置する栄町大脇地域で多く、約7ha作られています。
収穫時期は、早生みかんで9月から、普通みかんで11月中旬から12月ごろまでとなります。

   

畜産

市内では、酪農家が2戸、養鶏農家が2戸、養豚農家が1戸あります。
養鶏では直売所を開設していて、産みたてで新鮮なたまごが販売されています。
また、22年8月には養豚農家直営のハム工房も開設され、こだわりの 自家産精肉、自家製ハムソーセージを販売しています。  
   
   
参考資料:平成21年産作物統計(東海農政局統計部)

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?