豊明市における大規模盛土造成地分布図について

 平成27年7月17日公表
平成28年4月1日修正記載
 

はじめに

 平成7年1月の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)や以降の大規模な地震で、「大規模盛土造成地」(※1)において、地盤の「滑動崩落」(※2)による被害が多発したため、宅地の安全性を確保することを目的と して、平成18年4月に宅地造成等規制法の一部が改正されました。
 これに伴い、今後想定される南海トラフ巨大地震などの地震による地盤災害を未然に防止または軽減し、宅地の安全性を確保することを目的として、愛知県が平成23年度に宅地の耐震対策として、大規模盛土造成地の調査を実施しました。
 

 

地震発生時の滑動崩落のイメージ(国土交通省HP掲載パンフレットより)

 

大規模盛土造成地分布図についての画像その1

 
(※1) 大規模盛土造成地とは、以下にいずれかに該当するものです。 
 (国土交通省HPより)
 

大規模盛土造成地分布図についての画像その2

  豊明市の場合は、調査の結果、主に上記左図の「谷埋め型」であるという結果です。
 
 (※2)滑動崩落とは、地震力及び盛土の自重による盛土の滑る力(下図青矢印)が、その滑り面(下図青破線)に対する最大抵抗摩擦力その他の抵抗力(赤矢印)を上回り、盛土の地滑り的変動が生じることです。(国土交通省HPより)
 

大規模盛土造成地分布図についての画像その3

    

本市の大規模盛土造成地分布図(下記HPに掲載があります)

 
   調査方法は、第一次スクリーニングであり、おおよその分布であります。
 
 なお、豊明市においては、昭和37年及び昭和45年の地形図に、平成21年の地形図を重ね合わせて大規模な盛土造成地を抽出したものであり、昭和37年の地形図作成以前に盛土に改変されているものは考慮されていません。
 
 

本市の取り組み

 現時点では、今後の取り組みは 未定 であります。
 今回の分布図の公表は、以前の地形をご存知の方も少なくなっていく中、愛知県および豊明市が盛土造成地が身近に存在するものであることを、市民の方々にお知らせすることが目的であります。
 なお、地震により大規模盛土造成地において必ず滑動崩落が起こるということではなく、また小規模な盛土造成地が安全であるということではありません。 
 

参考資料

 【本市の予測震度(愛知県防災会議が示している「理論上最大モデルの震度」)より】
 

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?