公共施設の8割近くが既に完成後30年以上を経過し老朽化が進んでいます。老朽化した公共施設は、一斉に更新の時期を迎え、これに加え、人口減少・少子高齢化の進展に伴い、税収の減少や扶助費の拡大が予測されます。

 こうした状況から、公共施設等の適正な規模とあり方を検討し公共施設等のマネジメントに取り組む必要があり、平成26年度から公共施設等マネジメントの推進について取り組み始めています。現在、公共施設の配置や総量の最適化のための適正配置計画を策定しています。

公共施設更新問題勉強会を開催しました

公共施設白書・公共施設等総合管理計画を策定しました

広報シリーズ 『みんなで考えよう!公共施設の未来☆』

公共施設長寿命化計画を策定しました

 公共施設適正配置計画を策定しています

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?