とよあけの自然 

アリとアリマキ ~共に生きる虫たち~

アリとアリマキ【とよあけの自然】の画像

マメアブラムシの甘露に来たクロヤマアリ(間米町)

 

 写真はアメアブラムシの出す甘露かんろを集めるクロヤマアリです。アブラムシは別名をアリマキ(蟻牧)といいます。アリマキは植物の汁を吸った後でおしっこのような排泄物を出します。これは植物の栄養がたっぷりとつまった汁で、甘い味がするためにアリマキの面倒を見ることが知られています。アリマキはアリにごちそうを与える代わりにアリから様々なことをしてもらいます。たとえば天敵が来たときに追い払ってもらったり、天敵や風雨から身を守る住居となる土の覆いを作ってもらったり、体を清潔に保ってもらったり、より良い食料となる植物に引っ越しさせてもらったりといったことです。
 アリはそれだけの労力を払っても、安定した食料を得るためにアリマキを大切にするのです。このようにアリは食料を得て、アリマキは護身者を得て、共に支え合って生きています。まったく違う生き物同士なのに助け合うという不思議な関係です。

 

市史執筆員 吉鶴 靖則

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?