とよあけの自然 

クズ(葛)~繁殖力も強く!根から葛粉がとれる!~

クズ(葛)【とよあけの自然】の画像

紫色の優雅なクズの花

 

 多年生マメ科のツル性植物で、抜群な繁殖力を持っています。空き地に一面にひろがり、他の植物が生育できないようにします。茎はツルで樹木に巻き付いて上へ伸びていきます。
 花、茎、根のすべてが利用できる有益な植物です。花は紫色を基調とした優雅さを誇り、夏から秋のお茶花に利用されています。
 細長い茎であるツルは強い繊維からできていて、これを使って葛布を織ります。昔は衣服として、現在では民芸的なテーブルクロス・壁紙等に使われています。
 根は葛粉の原料になる良質の澱粉(でんぷん)をたくさん含んでいます。この葛湯は発汗、解熱の効果もあり薬用植物として利用されています。
 葛餅は、鍋に葛粉と砂糖を入れ、水を加えてよく混ぜます。中火で透明感が出るまでよく練ります。平たい型に移し、表面を平らにし、よく冷やします。三角や四角に切り、黒蜜ときなこをかけておいしくいただけます。

 

市史編集委員 小笠原 昇一

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?