とよあけの自然 

コウチュウ ~市内で楽しむカブトムシとクワガタムシ~

 コウチュウ【とよあけの自然】の画像

交尾をしているカブトムシ 間米町榎山 2000年7月23日

 

 カブトムシやクワガタムシを採りに行くことは、夏の子供たちのイベントの一つではないでしょうか。このカブトムシたちですが、遠くの山まで行かなければ採れないと、あきらめていませんでしょうか。
 じつは豊明市は自然に恵まれたところです。各地に点在している雑木林では、意外なほど多くのカブトムシやクワガタムシを見ることができるのです。1本の木にカブトムシが10頭以上群がっている光景は、大人でも心が躍るのではないでしょうか。クワガタムシも、ノコギリクワガタ、ヒラタクワガタ、コクワガタを市内で見ることができます。
 ここまで書くと、いつどこで見られるかが気になるというもの。答えは来年春に発刊予定の市史自然編にあります。楽しみにしていてください。でもたくさん採ったり、木々を傷つけたりしないでください。それがいつまでも多くの方々が楽しむことができる秘訣(ひけつ)です。自分の子供が喜ぶためだけでなく、その子供が大人になって子供を連れていくときを思いながら行うのが、自然と向き合うコツだと思います。

 

市史執筆員 吉鶴 靖則

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?