発令までの流れ

気象庁による24時間観測体制のもとで異常値が発見されると、次のように情報が提供されます。


気象庁が発表する「東海地震に関連する情報」

東海地震に関連する調査情報

東海地震に関連する現象について調査が行われた場合に発表される情報

(カラーレベル青)

臨時  

観測データに通常とは異なる変化が観測された場合、その変化の原因についての調査の状況を発表

  • 防災対応は特にありません
  • 国や自治体等では情報収集連絡体制がとられます

住民の方は、テレビ・ラジオ等の最新の情報に注意して、平常通りお過ごしください

 

定例

 

毎月の定例の判定会で評価した調査結果を発表

●防災対応は特にありません

日ごろから、東海地震への備えをしておくことが大切です

 

東海地震注意情報

観測された現象が東海地震の前兆現象である可能性が高まった場合に発表される情報

(カラーレベル黄)

 

東海地震の前兆現象である可能性が高まった場合に発表

●東海地震に対処するため、以下のような防災の「準備行動」がとられます

  • 必要に応じ、自動・生徒の帰宅等の安全確保対策が行われます
  • 救助部隊、救急部隊、消火部隊、医療関係者等の派遣準備が行われます

住民の方は、テレビ・ラジオ等の情報に注意し、政府や市からの呼びかけや、市の防災計画に従って行動してください

 

東海地震予知情報

東海地震が発生するおそれがあると認められ、「警戒宣言」が発せられた場合に発表される情報

(カラーレベル赤)

 

「警戒宣言」に伴って発表

●警戒宣言が発せられると・・・

 ○地震災害警戒本部が設置されます

 ○津波や崖崩れの危険地域からの住民避難や交通規制の実施、百貨店等の営業中止などの対策が実施されます

住民の方は、テレビ・ラジオ等の情報に注意し、東海地震の発生に十分警戒して、「警戒宣言」および市の防災計画に従って行動してください

 

注意!!

予知ができない場合も・・・

前兆現象が小さくて観測できない場合や前兆現象から地震発生まで急激に進行し、時間的に余裕がない場合なども想定されます。

これらの場合、注意情報や観測情報が発表されないまま地震が発生することもあるので、日ごろからの防災対策が必要です。


このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?