外国人のみなさんへ -住基ネットの運用が始まります-

 2013(平成25)年7月8日 から、外国人住民の方についても住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の運用が開始されます。
 これに伴い、外国人住民の住民票に住民票コードが記載され、2013(平成25)年7月8日以降、住民票コードを市役所市民課より通知します。

2013年7月8日からできるようになることの一例

  • 住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けられます。
  • 住民登録地以外の市区町村での広域交付の住民票の写しの交付を受けられます。
  • 住基カードに電子証明書を格納することで、電子証明書による本人確認を必要とする行政手続のインターネット申請ができます。
  • 一部の行政機関で、住民票の写しの提出を省略できます。(例:年金支給など)

 ※住民基本台帳カードの交付は平成27年12月28日で終了しました。

 

正しい住民登録にご協力ください

 住民票コード通知票は、住民登録地あてに送付します。在留カードに記載のある住所地と、現在お住まいの住所地が異なる場合は、住所変更の手続を行ってください。
 なお、住民票コード通知票の送付対象となるのは、住民登録のある方(3月以上の在留期間を付与されている方)に限られます。在留期間が満了している方は速やかに入国管理局にて手続をしてください。
 

詳しくは以下のページをご覧ください

このページへのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は役に立ちましたか?